iPad mini XPERIAなどの使い方を画像付きで解説!使い方に困ったら立ち寄ってください

私の電子書籍利用状況

Send to Kindle

筆者は本をスキャンして、電子データに変換して、電子デバイスで読む、いわゆる自炊もやっています。

しかし、その話はまた今度にして、今回は、電子書籍ストアから購入して、デバイスで読む場合の話です。

筆者のデバイスとソフトウェア(ストア)の組み合わせは以下のとおりになります。

・iPad miniでは、Amazon Kindle、Garapagos、アップルストア

・XPERIA VLでは、Amazon Kindle、Garapagos、AUブックパス

その他、Kobo Touchも使ってます。

家や会社では、iPad miniやKobo Touchで読書、電車での移動中はXPERIAで読書しています。

各ストアについてですが、

AmazonのKindleストアは10月25日からサービス開始しており、Kindle Fireでなくても、iPhone、iPad、Androidそれぞれ用の無料アプリが用意されています。また、Kindleは1つのIDで端末10台まで登録可能です。

Garapagosは、シャープが運営するストアです。私の場合、雑誌系はGarapagosで読むケースが多いです。GarapagosもiPhone、iPad、Androidに対応しています。Garapagosは登録できる端末が3台になります。もう少し、増やして欲しいですね。

アップルストアは、もちろん、Androidには対応してません。iPhoneで購入した書籍は、同じIDで登録しているiPadでも利用できます。

auのブックパスは、12月から提供始めたばかりのサービスで、最大の特徴は月額定額制で自由に本が読み放題という点です。スマートパスの会員なら来年3月まで無料で使えちゃいます。使わないと損ですね。月額590円のサービスです。ただし、ブックパス内のすべての書籍が無料というわけではない。アラカルト購入といって旧LISMO Book Storeの10万点の書籍から1品ずつ購入する本もあるのだ。「読み放題」マークを確認してからダウンロードするように!

使ってみての感想です。実用書中心に読み漁っていますが、以外としっかりした書籍が読み放題対象となっているのと、文字サイズも変更できたり、しおりをはさめたり、スマートフォンの小さめの端末でも実用的に使えた。

Koboストアはまだ、Koboシリーズの端末しか利用できない。iPad,Android用のアプリを早くリリースして欲しいところだ。

いろんなデバイスとアプリ(ストア)を使っていると、何の本がどのアプリで読めるのかわけがわからなくなってきた。

ストアを横断して書籍管理できるツールが欲しい。誰か作ってくださーい。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 私の電子書籍利用状況
Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PR

PR

PR

ページ上部へ戻る