iPad mini XPERIAなどの使い方を画像付きで解説!使い方に困ったら立ち寄ってください

オンキョーがRetina相当のアンドロイドタブレットを発売

Send to Kindle

オンキョーからタブレットが複数のモデルが販売されました。

7インチの9000円台のモデルからRetina相当ディスプレー搭載モデルまでバリエーション豊富だ。

筆者としては、このRetina相当のディスプレーが気になるのです。Retina相当と言っているディスプレーは、解像度がQXGA (Quad-XGA:2048×1536ドット)で、iPadのRetinaディスプレーと同等。

筆者がもうひとつ良いと思っているのは、縦横比が4:3であるところ。Androidタブレットは16:9が多いが、書籍を読んだりする用途もかんがえると、4:3がベストだと筆者は思っています。

外観は、いたって普通のタブレットって感じです。
Onkyo Tablet01
ストレージは16GBでちょっと物足りないが、microSDHCが利用可能。

気になるのが、GooglePlayに非対応な点。その代わりにTapnowマーケットが使えるとのこと。

オンキョーのダイレクトショップでの値段は、27,800円。そう27,800円でRetinaを体験できるのだ。

同じ16GBのiPad Retinaディスプレーは、42,800円で、その差は15,000ということになります。

15,000円の差なら、iPadにする?15,000円はもったいないからオンキョーにする?
Onkyo Tablet02

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - オンキョーがRetina相当のアンドロイドタブレットを発売
[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PR

PR

PR

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。