筆者の名刺データの電子化とデバイス間共有方法 | スマホ、タブレット使いこなし日記

iPad mini XPERIAなどの使い方を画像付きで解説!使い方に困ったら立ち寄ってください

筆者の名刺データの電子化とデバイス間共有方法

Send to Kindle

名刺データの電子化でiPhoneを利用していた時から、「WorldCard Mobile」を利用していて、XPERIA VLでも同じアプリを利用しています。

WorldCard Mobileアプリは、スマホで名刺の写真をとって、その画像をOCRで文字認識をして、名前、住所、会社名、電話番号、FAX番号など変換してスマホの「連絡帳」データに格納してくれる便利なアプリです。

ところが、スマホもカメラ名刺の写真を1枚1枚撮影するのが、結構面倒なのです。手ぶれもありますし。

ですので、筆者は自炊用のScanSnap S1300で溜まった名刺を一気にスキャンし、Jpeg保存。そして、パソコンからXPERIA VLに転送して、WorldCard Mobileで転送した名刺の写真をOCRで文字認識し、連絡帳に保存するようにしています。

スキャンした名刺画像をパソコンに転送する方法ですが、「ScanSnap Connect Applica1tion」を利用すると転送が簡単になります。
スマホ側のScanSnap Connect Applica1tionを起動しておき、ScanSnapで名刺をスキャンして、「モバイルの保存」をPC画面で選択(下図)すると、スマホへの転送が始まります。

business card scansnap01

転送するには、事前に「ScanSnap ConnectConnect Application」をインストールしておく必要があります。

スマホに転送した後は、WorldCard Mobileで名刺画像のOCR文字認識を1枚1枚していきます。

連絡帳に保存したデータは、Google経由でiPad miniやパソコンにデータ連携します。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 筆者の名刺データの電子化とデバイス間共有方法
[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PR

PR

PR

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。