iPad mini XPERIAなどの使い方を画像付きで解説!使い方に困ったら立ち寄ってください

Frontier 巨大21.5インチ アンドロイドFT103続き

Send to Kindle

昨日に続き、同じネタで恐縮ですが、Frontierの巨大アンドロイドFT103ネタです。

そのデカさを伝えるためのiPad miniと比較してみました。

FT103-2-01
Blutoothでキーボード、マウスが接続でしました。こうみると、ただのパソコン。
FT103-2-02
大きいので、タブレット的な使い方より、パソコンのようにキーボードとマウスで操作した方が楽なケースが多いようだ。
アンドロイドPCといった方が的をえているかも。

iPad miniで見ていると目が疲れてくるので、自炊本も巨大画面で見たい!それもFT103を縦置きで。
ということで、壁に不安定ですが立てかけてみました。
FT103-2-03

自炊本の文字がかなり大きく見えます。本を読みながら、仕事をするときは、FT103の縦置きが必要です。
でもFT103は縦置きを想定して作られていません。PDFのビューワで縦置きに回転できるアプリを使うか、回転制御アプリが必要になります。

また、FT103のスタンドは縦置きには対応していないので、そのままでは危なくて縦置きで使えません。さいわい、FT103はVESA規格のアームが使えるので、回転機構の付いたアームをFT103に取り付ければ、縦置き、横置き自由自在だ。

ということで、無駄遣いが無駄遣いを呼ぶ連鎖に陥ってきた。

子供にバレタ

単なるディスプレーのふりをして机の上においていたFT103だが、アンドロイドタブレットであることが子供たちにばれてしまった。

そうなると、写真を撮ったり、ネットしたり、もうおもちゃ化の路線だ。

奥さんにも「これいくらしたの?」と聞かれた。うーん、まずい。まずい。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - Frontier 巨大21.5インチ アンドロイドFT103続き
Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PR

PR

PR

ページ上部へ戻る