ドデカ・アンドロイド FRONTIER SmartDisplay FT103が到着しました 

21.5インチのドデカ・アンドロイドマシーン兼ディスプレーのFT103が到着しました。
Frontier FT103 01
結構でかいです。我が家のWindows用に使っているIO-DATAのディスプレーとほぼ同じ大きさです。
中身は、アンドロイドディスプレー、電源ケーブル、PC接続用のHDMIケーブル、USBケーブル。
Frontier FT103 02
Frontier FT103 03
まずは、ケーブルの接続。電源ケーブルとHDMIケーブルはディスプレーの裏側の蓋を外して、接続します(下図)。
Frontier FT103 04
接続が終われば、前面右下のスイッチをON。電源ON後は、普通のAndroidの設定をしていきます。詳細は割愛します。

Frontier FT103 06
HDMIケーブルでMAC miniにも接続してみました。問題なく接続確認できました。FullHDなので、画面は広大。
Frontier FT103 07
巨大アンドロイドを立たせるスタンドは角度を調整できるようになっています。立てて使いたい時は下図のような状態。
Frontier FT103 08
そして、寝かせて使う場合は下図のように角度を変えることができます(下図)。スタンドにバネが入っていて、好きな角度に調整できます。
Frontier FT103 10
FT103初日レポートはここまで。
また、明日以降に続きます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ドデカ・アンドロイド FRONTIER SmartDisplay FT103が到着しました 
[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]

あわせて読みたい

1件の返信

  1. 2015年2月10日

    […] 接続テストで巨大アンドロイド Foritier SmartDisplay FT103に接続しようとしたら、FT103側もHDMIオス端子、m-Stick本体もHDMIオス端子なので、メス―メスのHDMI接続端子を買わないといけないことが判明。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。