21.5インチ 液晶ディスプレー兼アンドロイド FRONTIER スマートディスプレー

FRONTIER SmartDisplayここ最近mac mini用のディスプレーが欲しくなって、色々物色してたのですが、FRONTIERの21.5インチもある巨大アンドロイドタブレットが候補になってきました。

mac miniのディスプレーとアンドロイドタブレットと、違うジャンルの製品ですが、このFRONTIERのスマートディスプレーはmicro HDMIの外部入力端子を持っていて、モニターとして使えるようなのです。さらに、Windows7の場合、USBも接続すればタッチパネルモニターとして使えるようだ。

これまで、モニタだけにするか、TVチューナー付のモニター又は小型の液晶テレビと迷っていたのですが、これにアンドロイドタブレット兼モニターというアイテムが加わった形です。

モニタだけは、ちともったいない。TVチューナーは必須かというとそうでもない、nasneがあるので、アンドロイドならnasne経由でテレビやビデオを見ることもできる。それと、自炊したPDFをもっと、大きくみたいというニーズもあって、一気に巨大アンドロイドタブレットが物欲候補ナンバー1になりました。

解像度は、1,920×1,080と十分ハイスペック。
microSDカード、microSDHCカードが利用可能。

後、GooglePlayが使えるのもGood!

さぁポチッといきますか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 21.5インチ 液晶ディスプレー兼アンドロイド FRONTIER スマートディスプレー
[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]

あわせて読みたい

1件の返信

  1. 2013年6月26日

    […] 悩んでいたFRONTIER SmartDisplayですが、発注しちゃいました。前の記事はこちら。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。