iPad mini XPERIAなどの使い方を画像付きで解説!使い方に困ったら立ち寄ってください

iPad mini GoodReaderで自炊PDFにメモ書き込み

Send to Kindle

GoodReader使い方まとめ」も参考に!
筆者は、ビジネス書などを自炊PDF化し、iPad miniで読んでいます。

すると、後で読み返したい箇所や重要なポイントにマーカーを付けたり、メモを残しておきたくなります。

そこで、今回筆者推奨の自炊本リーダーGoodReaderでマーカーやメモをPDFに残す方法を紹介します。

GoodReaderのAnnotaions(注釈)基本機能について

GoodReaderでPDFファイルを開いている状態で、真ん中あたりをタップすると、下のようなメニューが表示されます。
GoodReader annotations01
これが、Annotationで利用する基本メニューになります。以下、各アイコンの説明です。

アイコン 説明
GoodReader annotations02-01 メインメニューを表示。
GoodReader annotations02-02 ブックマーク(しおり)の追加
GoodReader annotations02-03 表示されているページのテキストをクリップボードにコピー(テキスト付のPDFの場合のみ)
GoodReader annotations02-04
GoodReader annotations02-05 テキスト文字を挿入
GoodReader annotations02-06 線を描画
GoodReader annotations02-07 矢印線を描画
GoodReader annotations02-08 四角の枠線を描画
GoodReader annotations02-09 丸、だ円の枠線を描画
GoodReader annotations02-10 消しゴム
GoodReader annotations02-11 自由な線を描画

それでは、注釈(Annotation)機能を使ってみよう!

四角の枠線

四角枠線アイコンをタップし、PDF上にタップして四角枠を置きます。
GoodReader annotations03
四角枠の四隅と各辺の中央の計8か所をタップしながら動かすと、四角枠のサイズを変更することができます。
また、四角枠の中央付近をタップすると、枠線のカスタマイズメニューが表示されます。
GoodReader annotations04
このメニューで枠線の太さや色、移動、削除、雲形線に変更などカスタマイズすることが可能だ。

四角枠線に注釈をつけてみましょう

また、「Open」をタップすると、注釈を入力できるNoteがポップアップ表示されます(下図)。
GoodReader annotations05
丸枠、線、矢印も操作は四角枠と同じです。

文字にマーカーを付ける

次は、PDF上の文字の装飾です。装飾の種類は、マーカー、下線、波下線、取り消し線があります。
ここでは、マーカーを例に説明します。
PDF上の文字を長タップします。すると、文字が選択状態になります。ここで、選択範囲を調整して、メニューのマーカーボタンをタップします(下図)。
GoodReader annotations06
すると、下図のようにマーカーできます。
GoodReader annotations07
マーカーを長タップすると、四角枠の時と同様、メニューが表示されます。このメニューでマーカーの色変更などが可能です。
GoodReader annotations08
また。「Open」をタップすると、注釈を入力できます。これは、上記の四角枠と同じです。

注釈(Annotation)の一覧表示

上記のようにPDGに注釈をいれていくと、これらを一覧表示することができます。
Main Menuの本が開いた絵のアイコンをタップし、「Annotation」をタップすると一覧が表示されます(下図)。
GoodReader annotations09
で、これが便利なのは、この注釈一覧の一つをタップすると、そのページに飛んでくれます。
重要なポイントを枠線やマーカー、下線を入れて、注釈を入れておけば「重要ポイント一覧」になり、かつ、そのページをすぐに読むことができるのです。この機能は勉強にもってこいですね。

自炊本で勉強している人は、やはりGoodReaderですよ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - iPad mini GoodReaderで自炊PDFにメモ書き込み
Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PR

PR

PR

ページ上部へ戻る