iPad mini XPERIAなどの使い方を画像付きで解説!使い方に困ったら立ち寄ってください

Boogie Board Sync9.7の消去データの復活法

Send to Kindle

Boogie Board Sync9.7は手書きした情報をSaveボタンを押すと、Boogie board内にデータが保存されます。

間違ってEraseボタンを押した時、泣いちゃう人もいるかも?

でも、ご安心を間違ってEraseを押しても、データがBoogie board内に保存されているのです。

では、そのデータの復活方法の紹介です。以下3つの方法があります。

1.Boogie board管理ツールで消去データにアクセス

Boogie Boardの管理ツールの設定ボタンをクリック。
Boogie board Sync9.7 ファイル管理01
設定画面の「一般的な」タブの「開く」ボタンをクリック。
Boogie board Sync9.7 ファイル管理02
次の画面で「ERASED」と「SAVED」と書かれた画面が表示されます(下図)。ここで、「ERASED」をクリック。
Boogie board Sync9.7 ファイル管理03
すると、Boogie board内に格納された消去済みデータの一覧が表示されます。
Boogie board Sync9.7 ファイル管理04
一覧から復活させたいファイルを選択して、下矢印ボタンをクリック(下図赤枠ボタン)。
Boogie board Sync9.7 ファイル管理05
すると、パソコン側のBoogie boardファイルのフォルダに消去したPDFファイルが転送されます。

2.Bluetooth管理画面から消去データにアクセス

Boogie boardとパソコンをBluetoothで接続している場合、BluetoothのFTP機能でファイルを見ることができます。
コントロールパネルで「デバイスとプリンタ」をクリックすると、デバイスの一覧が表示されます。
Boogie boardデバイスの「Sync」を右クリックして、「高度な処理」>「FTPフォルダの参照」をクリック。
Boogie board Sync9.7 ファイル管理10
すると、エクスプローラが立ち上がり、「ERASED」フォルダと「SAVED」フォルダが見れるようになります。後は、ERASEDフォルダ内にアクセスして、復活させたいファイルをパソコンへコピーすればOKですね。
Boogie board Sync9.7 ファイル管理07
Bluetoothの場合、「接続処理ウィンドウ」が表示されているなら、接続処理画面からファイルを見ることも可能です。接続処理画面で「参照」ボタン(下図)をクリックすると、上記のエクスプローラ画面が立ち上がります。
Boogie board Sync9.7 ファイル管理06

3.USB接続でエクスプローラで消去データにアクセス

Boogie boardとパソコンをBluetoothで接続している場合、windowsのエクスプローラのコンピューターの下に「SYNCSD」が見つかります。SYNCSDの下のSYNCをクリックすると、他と同様「ERASED」と「SAVED」フォルダを見ることが可能です。後は、復活させたいファイルをパソコンへコピーしてください。
Boogie board Sync9.7 ファイル管理08

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - Boogie Board Sync9.7の消去データの復活法
[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PR

PR

PR

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。