iCloud Driveに移行してみた! | スマホ、タブレット使いこなし日記

iPad mini XPERIAなどの使い方を画像付きで解説!使い方に困ったら立ち寄ってください

iCloud Driveに移行してみた!

Send to Kindle

iOS8アップデート時にiCloud Driveに移行しますか?という質問がでました。

事前にネットでiOS8に関する情報を得ていた人は、iCloud Driveに移行すると、パソコンと共有できなくなるなどの情報に従って、iCloud Driveに移行しなかった人も多いでしょう。筆者もその一人です。

よくよく調べてみると、PCといっても、AppleのMACの場合であって、MACの新OSのYosemiteでiCLoud Driveに対応する予定とのこと。

一方、Windowsの場合、すでに、iCloud Driveのファイル共有はできる状態になっていて、それを利用しなてはない。
iCloud Driveを使えば、DropBoxやYahooBoxなどのようにクラウドストレージがPCとiPhone、iPadで利用できるようになりました。

iCLoudを使ったPC、iPad、iPhoneのファイル共有方法

PCへのiCloudツールをインストールし、iCloudツール上で「iCloud Drive」のチェックボックスをONにする。

iColud Windows02
すると、Windowsのお気に入りに「iCloud」のフォルダが作成される。
iColud Windows03
このフォルダは、KeynoteやNumbersなどMAC,iOSなどの主要アプリに対応するフォルダが作成されています。
iColud Windows04
これらのフォルダを経由して、PCアプリとiOSアプリの間でファイルを共有します。
MACの場合、新OS Yosemite(もうすぐ発表か)を待たないと使えないようです。

windowsで作成したパワーポイントは、拡張子がpptやpptx。これをiOSで読み込み・保存すると拡張子がkeyとなる。
もちろん、iOSでKeynoteで作成すると、拡張子がkeyとなる。
これでは、Windowsのパワーポイントで再度修正することはできない。これでは仕事にならないですね。

ただし、エクスプローラ上でiCLoudフォルダの拡張子keyファイルをダブルクリックすると、ブラウザが起動し、keyファイルを操作できる「iCloud Keynote」が使える。
iColud Windows05
細かな操作には限界があるが、簡単な修正なら可能かなぁ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - iCloud Driveに移行してみた!
[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PR

PR

PR

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。